Melancolia Storytelling

北カレリアの無人島に 手漕ぎボートで渡り裸で 湖を泳いだ














note:

タイトルは池田あきこさんの文章から。

この裸、というのは、いびつなはだか。

杉浦日向子さんもこう言っている。

自分のハダカを疎ましく想うのは、
自宅の小さなお風呂に、ひとりで浸かって、
腹をつまんだり、鏡と睨めっこするからだ。
銭湯行きなさい、銭湯。理想的なハダカなんか、
ひとつもない。みんなでこぼこで、おもしろい。

書きたいのは、いびつなものの中にある
土着性と崇高さ。

矢野顕子さんにうたってもらいたい。










lyric:

北カレリアの無人島に
手漕ぎボートで渡りはだかで
湖を泳いだ
夏の終わり 映る雲

とても大事な場所だから
誰にも言わずここにくる
必ず通り雨が降る
からだの棘が洗われる

なにももっていなくても
なにも知っていなくても
なにものでもなくても
頬にあたる雨がうれしい



森は眠っているようだ
吐息ひとつで冬がくる
ここの太陽は別の太陽
胸に満ちたらふたをする

歌も言葉もいらなくて
過去も未来もいらなくて
必ず通り雨が降る
涙が流れて軽くなる

なにももっていなくても
なにも知っていなくても
なにものでもなくても
頬にあたる雨がうれしい






Uninhabited island in North Karelia
Naked over in a boat Rowing
I swam the lake
Clouds reflected the end of summer

Because it is very important place
Come here and not tell anyone
Flurry is always falling
Thorns of the body is washed

If i do not have anything
Even if i do not know anything
Or may not be in anything
Rain falls on the cheek happy



Forest seems asleep
Winter comes in one breath
The sun here is another sun
To the lid if you full of breast

Singing words also rather need
The past and the future, rather than need
Flurry is always falling
It becomes lighter tears flow

If i do not have anything
Even if i do not know anything
Or may not be in anything
Rain falls on the cheek happy




[PR]
by melancolia_at | 2014-09-17 06:20