Melancolia Storytelling

アドリアナ













note:


東欧のいなかの谷間の村で
おばあさんが毛糸を紡ぎながら
うたうようなうたがつくりたい。

海賊が静かな夜のカリブ海の船上で
酔っぱらいながら、ひとりぼそっと
うたうようなうたがつくりたい。

だれがつくって
だれがうたって
ということがどうでもいいような
フォークロアがつくりたい。




ところで、ひとはどうして
美しいものを見ると悲しくなるのか。
どうして幸せだと不安になるのか。
どうしてどんよりと曇った空を見ると安心するのか。






lyric:


アドリアナ 咲いたままで
眠る薔薇が夜に冷える
アドリアナ 水の中の
粒のような吐息をはいて

夜道を通る 束の間の雨も
きみを起こさないように
しめやかに

アドリアナ 咲いたままで
眠る薔薇が月に濡れる


アドリアナ 海は凪いで
あらゆる波が記憶をなくす
アドリアナ 悲しくなる
その理由は美しさだけ

夜風が揺する プラタナスの樹々も
きみを起こさないように
ひそやかに

アドリアナ 海は凪いで
あらゆる波が僕に残る


アドリアナ 悲しくなる
その理由は美しさだけ






Adriana
Remain in bloom
Rose sleeping cools at night
Adriana
In the water
Wearing a sigh such as grain

Rain fleeting through the streets at night
So as not to cause you
wetly

Adriana
Remain in bloom
Rose sleeping wetting a month


Adriana
The sea calms in
All waves eliminate the memory
Adriana
Feel sad
The reason is that only beauty

Also trees of sycamore night wind rock
So as not to cause you
Secretly

Adriana
The sea calms in
Every wave remains in me



Adriana
Feel sad
The reason is that only beauty







[PR]
by melancolia_at | 2014-10-11 20:56